背景と基礎知識

ディープステート基礎知識

ディープ・ステート(Deep State)とは

 

の政府、国家の内部にある国家(国家内国家)とも呼ばれます。

一般に、選挙による政治から独立して存在し、自らの利益のみを追求する縁故主義による国家権力者のグループのことです。このグループは、民意を無視して、正当な政治プロセスを通じて、国家を支配できます。

ディープ・ステートの構造は国家によって異なります。

日本では、CIAが第二次世界大戦後の日本支配に利用している在日朝鮮人グループ(メディア・政治屋・宗教団体・暴力団)に高級官僚などの公務員が加わってディープ・ステートを形成していると言われています。

 

それでは、そのCIAを操作するアメリカではどうなっているでしょうか。

出典:Wikipedia – Deep state in the United States より一部抄訳

アメリカでは、「Deep State」は陰謀論(conspiracy theory)を説明するのに使われる。合法的な選挙による政治とは独立して存在し、縁故主義によりアメリカ政府内の政治システムに存在する隠れた組織である。政府の一部とトップレベルの金融や産業の一部が融合し、国民(people)の意思を無視して、正式な政治的プロセスを通じて事実上アメリカ国内を支配することができる。また、キャリア政治家や公務員の間で蔓延する汚職も「Deep State」に含むと考えられる。WikiLeaksによる政府機密文書の暴露の後に、「Deep State」は、民主主義と「国民(people)」の政策を台無しにする国家レベルの情報操作、陰謀を主張する人々によって提唱された。

補足:陰謀論(conspiracy theory)という言葉は、CIAの作った造語である。追求されたくない問題に対して、陰謀論とレッテルを貼ることで、議論を台無しにし思考停止させることを目的として作られたと考えられている。

 

現在のアメリカのディープ・ステートはこれまでのようにWASP(保守派の白人エリート支配層)ではなく、ユダヤ系左派(グローバリスト)のようです。ユダヤ社会がアメリカのエスタブリッシュメントに上り詰めた背景として、黒人などのマイノリティの地位向上を利用したことが「孤独な帝国アメリカ」に描かれています。


 
 

ーNEWS- アーロン・ルッソ  インタビュー映像

出典:Wikipedia – アーロン・ルッソ

アーロン・ルッソはアメリカ合衆国の映画監督、政治運動家。2006年に自ら制作したドキュメンタリー映画『アメリカ―自由からファシズムへ』が話題になった後、ルッソはジャーナリストのアレックス・ジョーンズのインタビューに答え、ニコラス・ロックフェラーとの会話内容を披露した。ルッソによると、ロックフェラーはアメリカ同時多発テロ事件の11ヶ月前の時点で、米国でアフガニスタン侵攻やイラク戦争のきっかけとなる事件が起こることを、すでに予告していたという。そしてロックフェラーは同時に、その事件及び後に起こる米軍侵攻の全てが、「巨大なでっち上げ」であることも語ったという。この会談による半年後、ルッソは6年前から患っていた膀胱癌により死去した。ジョーンズは、ルッソが「自分はずっと脅迫されていたから、ガンは攻撃によるものと思う」と語った、と明言した。