背景と基礎知識

ジョージア・ガイドストーン

ジョージア・ガイドストーン(Georgia Guidestones)とは?

ジョージア・ガイドストーンとは米国ジョージア州に建立された花崗岩の謎のモニュメントのことです。

1980年、ジョージア州エルバートンにそれは突然現れました。

モニュメントは6枚の板で構成されています。

1枚を中心に放射状に大石版4枚とキャップストーンとして上に1枚の板が乗っています。

4枚の大石版には10のガイドラインを含むメッセージが8の言語で書かれており、キャップストーンには4の古代文字(アッカド語、古代ギリシャ語、サンスクリット、ヒエログリフ)で短いメッセージが刻まれています。

photo credit: J.I. Wall Georgia Guidestones via photopin (license)

 

 

10のガイドライン

4つの大石版には、10のガイドラインを含むメッセージが8の言語(英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語)で書かれています。

残念ながら、日本語は含まれていません。

出典:Wikipedia – ジョージア・ガイドストーン

(日本語訳)
1. 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
2. 健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く
3. 新しい生きた言葉で人類を団結させる
4. 熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する
5. 公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する
6. 外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する
7. 狭量な法律や無駄な役人を廃す
8. 社会的義務で個人的権利の平衡をとる
9. 無限の調和を求める真・美・愛を賛える
10. 地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと – 自然の為の余地を残すこと